車カタログ

日産 キューブ - 日産 cube -

日産 キューブ - 日産 cube -
スペース重視のコンセプトを持った車だが、一般的なミニバンよりもボンネットが目立つユニークなデザインとなっている。 第28回の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「シャポー」からデザインコンセプトがスタートしている。2代目以降は窓の数、ピラーの位置など、ボディシェルが左右非対称に作られているのが大きな特徴でもある。そのスペース効率からか小型タクシーとして採用されることもある。 初代の初期はコンスタントに月10,000台以上を販売しており、登録台数1位を記録したこともある。そのため、当時は生産工場では休日出勤も毎週行っていたほどの好調な売れ行きであった。2008年に期間限定車「プラスナビHDD SP」が発売されている。 また、3代目はキューブ史上初の試みとして障子をモチーフにした「スタイリッシュガラスルーフ+SHOJIシェード+ロールカーテン」やプッシュエンジンスタートシステムも新たに設定された。